So-net無料ブログ作成
検索選択

創新党・中田代表幹事、相次ぐ新党は“自己中”で理念なし(産経新聞)

【週刊・中田宏】(23)

 日本創新党の代表幹事に就任した前横浜市長の中田宏氏(45)。「週刊・中田宏」では、引き続き中田氏の活動を紹介していく。「今週の政治を斬る」では、解決期限の迫った米軍普天間基地移設問題について聞いた。中田氏は創新党の方針として「現行案でいくべきだ」と主張した。

 1週間の活動の中から3つを選んで紹介する「3大宏動(こうどう)」では、山口県防府市長が、次期選挙で掲げる市議会定数半減のマニフェストを高く評価した話題などを取り上げた。


■今週の政治を斬る

【普天間は現行案でいくべき】

 「鳩山首相に、やっぱり落としどころはなかったか」

 中田氏が大きなため息をつきながら話すのは、米軍普天間基地の移設問題。民主党は名護市辺野古沿岸に移す現行案ではなく「県外移設」を掲げてきたが、「腹案」「徳之島」…。鳩山首相の迷言迷走が続いている。これに対し、日本創新党は「普天間は現行案でいくべき」と主張する。

 「これまで、米国との合意、連立(社民、国民新)との合意などで、どこを落としどころとするのか注視してきた」と中田氏。一国の首相のことだから、「どこかにあるんだろう」と思っていた。

 だが、与党内の合意はまとまらず代替案を出せない鳩山首相。「民意を問う」とした名護市長選では移設反対派が当選。八方ふさがりでどうにもならない状態に、「もしかしたらないのかも」と、率直にクエスチョンマークが浮かんだという中田氏。今ではそれも「やっぱりなかったんだ」とあきらめに変わった。

 普天間問題が解決しない中、日米同盟の危機的状況を感じさせたのは、米ワシントンで今月開かれた核安全保障サミットでの出来事。オバマ大統領との公式の日米首脳会談は行われず、晩餐会で10分ほど話すにとどまった。

 米紙ワシントン・ポストは14日付の記事で、約1時間半にわたって首脳会談を行った中国の胡錦濤国家主席を引き合いに、「核安全保障サミットで最大の敗者は日本の鳩山由紀夫首相」「不運で愚かな日本の首相」などとまで報じた。

 日米同盟は日米安全保障条約改定の署名から今年でちょうど50年を迎えた。中田氏は、「真に対等な同盟関係に近づけるべく動き出す節目の年にするべきだった」としたうえで、対等どころか「極めて不安定な状態にしてしまった」と民主党政権に対する憤りを隠さない。日米で合意した現行案を「鳩山首相は(新たな移設先を探すという名の)店を開いて壊してしまった。もともと合意した現行案でいくべきだ」と訴える。

 日米同盟は日本と米国の同盟にとどまらず、「アジア、世界にとっての重要なバランスインフラ」と中田氏は考える。中国と台湾を例に、「台湾の陳水扁総統時代の緊張関係、馬英九総統の融和路線のどちらも、日米同盟というある種セーフティーネットがあるからこそ“関係”として成立する」と語る。

 トヨタ自動車のリコール問題で、米国でトヨタ・バッシングが加熱していることにも触れた。「日本政府は本当は『いい加減にしろ』というべきだった。ところが普天間問題を抱えているために強く出られない」と、自国産業を守ることもできない状態を嘆く。


【新党戦国時代に】

 自民党の舛添要一元厚労相ら参院議員6人は23日、新党結成を表明した。自民党に離党届けを提出した矢野哲朗前参院国体委員長と小池正勝氏、改革クラブの渡辺秀央代表、荒井広幸幹事長、山内俊夫氏がメンバー。党名は「新党改革」と発表された。

 今月に入ってからは「たちあがれ日本」(平沼赳夫代表」が立ち上がったほか、中田氏も設立メンバーとして「日本創新党」を結党。参院選を控えて新党戦国時代に突入した。

 中田氏は、「たちあがれ」や「新党改革」ができた底流には、「永田町において、自分の主張が通らなかったりする不平不満がある」と指摘。「創新党は理念を共有する人が集まっている」と違いを強調する。

 民主党政権の支持率が低下する一方で、上がらない自民党の支持率。国民が政権を託したいと思えるような、受け皿となるのはどこになるのか。

 中田氏は、「創新党は目指す国のかたちをしっかり示し、そこに連なる具体政策を示していく」と語る。創新党は21日から候補者の公募を始めた。「地方の疲弊、現実を実感している人に国政を語ってほしい」と地方議員を中心に候補者を求めたい考えだ。現在、地方自治体を行脚し、首長や地方議員との接触に力を入れている。

 これまでのところ、参院選において他の党と連携する方針は「考えていない」としている。


■今週の3大宏動(こうどう)

【日本創新党結成】

 4月18日(日) 日本創新党の結党記者会見を都内で開催した。党首には東京都杉並区の山田宏区長が就任し、中田氏は代表幹事に就任。政策委員長には斎藤弘前山形県知事が就任した。同党を応援する首長や首長経験者でつくる「応援首長連合」には、上田清司埼玉県知事ら25人が名を連ねた。


【地方行脚を強化】

 4月21日(水) 宮城県知事、栃木県知事を相次いで訪問し、創新党設立の理念などを説明した。宮城県の村井嘉浩知事からは「地方の声を届けてもらうことは重要。出来る範囲で応援する」とエールが送られたという。栃木県の福田富一知事は「互いに力を合わせられるところは合わせないといけない」と述べたという。


【防府市長の公約に賛同】

 4月22日(木) 香川、岡山、広島、山口の各県内を訪問した。山口県防府市では松浦正人市長と面会。松浦市長は次期市長選(5月30日投開票)で同市議会の議員定数半減を公約に掲げる方針を示し、中田氏はこれを「首長側の公約としては日本初の画期的なもの」と高く評価した。


《中田宏プロフィル》
 昭和39年9月20日生まれ。横浜市青葉区出身。青山学院大学経済学部卒業後、松下政経塾に入塾し、ごみ問題の研究に没頭した。平成5年の衆院選で初当選。14年、37歳の若さで自公民オール与党の支持を得た現職を破り横浜市長選に初当選。18年に再選。ごみの排出量40%削減、職員定数20%削減、入札制度の電子入札・一般競争入札制度化、違法売春街の浄化などタブーなき改革を断行した。21年6月、大阪府の橋下徹知事らと首長連合を組織。同8月に市長を辞任。同10月に新しい政治団体「よい国つくろう!『日本志民(しみん)会議』」を立ち上げた。22年4月18日、新党「日本創新党」を設立。代表幹事に就任した。

 創新党で注目度がアップした中田氏だが、市長を務めていた横浜市では、横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」について中田氏の責任を問う声が一部で出ている。23日には市民オンブズマンが開国博への支出は違法だとして横浜地裁に提訴した。

 この問題に対し中田氏は、「開国博は多くの市民が参加、協働し、トータルでみれば成功だった。一部は、うまくいかなかったところもあった。それはすべて私の責任」と語った。

【関連記事】
新党理念は「自立」、国家像なき現状日本を憂う
「小沢幹事長は5月辞任」と大胆予想
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット
ブログ市長を「専制君主」と痛烈批判 中田氏
舛添氏が新党?「現状に不満なだけ」 中田氏
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

専用サポートカウンター設置=足止め客向け−成田空港会社(時事通信)
<両さん銅像>亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て (毎日新聞)
ダイバーに人気、天使の輪を持つ「ダンゴウオ」(産経新聞)
「ほかの人には…」裁判員裁判で長男殺害の母(読売新聞)
愛知3遺体遺棄 逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)

“豪快”三宅雪子氏に与野党どよめき(スポーツ報知)

 民主党の“小沢ガールズ”の一員、三宅雪子衆院議員(45)が15日、衆院本会議で「医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法等の一部を改正する法律案」の賛成討論に立った。この日のために新調した、トレードカラーの水色のスーツで登壇すると、いきなり水をガブリ。新人らしからぬ豪胆さに、与野党から「オオ〜ッ」のどよめきが起きた。

 自民党議員から激しいヤジを浴びつつも「国民が安心して医療を受けられるために(同法案を)成立させなければならない」と、叫び声。2月の厚労委での初質問と同様「全く緊張しませんでした」と話していた。


 【関連記事】
民主党 小沢ガールズ 三宅雪子 調べる

高速で車乗り捨て走って逃げる 無免許容疑の男逮捕(産経新聞)
強盗殺人 78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も(産経新聞)
平等院鳳凰堂 内部をCGで再現 極楽浄土の優美な色彩(産経新聞)
コンビニトイレに乳児遺体=札幌(時事通信)

<踏切事故>盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市(毎日新聞)

 14日午後9時半ごろ、三重四日市市茂福町で、2人乗りの原付きバイクを県警四日市北署のパトカーが発見、追跡した。一度は追うのをやめたが、5分後に最初の現場から約500メートル西の近鉄名古屋線霞ケ浦8号踏切で遮断機を押して侵入するバイクを発見。バイクは踏切内で転倒し、2人はバイクを放置して逃げた。直後に五十鈴川発名古屋行き急行電車(6両編成)がバイクと衝突、乗客約250人にけがはなかった。

 同署によると、2人は男で、後方の男は黒っぽい服装。パトカーは赤色灯を回し、サイレンを鳴らして追ったが、深追いを避けて追跡を中止したらしい。列車往来危険や道交法違反などの容疑で調べている。

 バイクは今月6日、同市諏訪栄町で盗まれたものだった。

 近鉄によると、衝突した電車が現場に16分停車して途中の桑名駅で運休したほか、後続の上り線4本が最大23分遅れ、乗客計約500人に影響した。【加藤新市】

【関連ニュース
踏切事故:山陽電鉄で特急にはねられ小1死亡…姫路
踏切事故:名鉄犬山線で特急と衝突 乗用車運転の男性死亡
センター試験:踏切事故で長野で開始遅れ
JR東海道線踏切事故:列車往来危険容疑、死亡男性を書類送検−−東近江署 /滋賀
大学入試:寒さの中、センター試験 飯山線の踏切事故、開始30分繰り下げも /長野

33歳男を指名手配=佐世保の警官刺傷−長崎県警(時事通信)
安倍政権より支持急落=時事世論調査(時事通信)
「2020年代に10%台後半」 経団連、同友会 成長戦略に消費税盛る(産経新聞)
<銃声>連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)
飲酒運転で人身事故、巡査逮捕=対向車と衝突、2人重傷−奈良県警(時事通信)

将棋名人戦 羽生が先勝(産経新聞)

 将棋の羽生善治名人(棋聖・王座)に三浦弘行八段が挑戦する第68期名人戦七番勝負の第1局は、8日午前9時から東京都文京区の「椿山荘」で行われ、9日午後8時57分、102手までで後手の羽生が先勝した。第2局は20、21の両日、岩手県遠野市で行われる。

<富士通>野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
女子学生へのセクハラ  田勢早大教授が「解職」(J-CASTニュース)
橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線(産経新聞)
高齢者福祉は座学だけで学べない―淑徳大が地域活動で提携調印式(医療介護CBニュース)
境内眺めワイン茶会、お点前堪能…東大寺(読売新聞)

特別背任容疑で告発のNOVA元社長、不起訴(読売新聞)

 英会話学校「NOVA」(大阪市、破産手続き中)に約21億円の損害を与えたとして、破産管財人から特別背任容疑で告発された同社元社長・猿橋(さはし)望被告(58)(業務上横領罪で有罪判決を受け、控訴中)について、大阪地検特捜部は不起訴(嫌疑不十分)とした。3月31日付。

 猿橋被告は、自ら実質経営する通信事業会社から、不要なテレビ電話機を、NOVAに大量に仕入れさせて損害を与えたなどとして告発されたが、特捜部は猿橋被告に資金が渡っておらず、損害を与える目的もなかったと判断した。

日本医師会長選 原中勝征氏が初当選 自民離れ加速も(毎日新聞)
両陛下、須崎入り(時事通信)
「勉強になる」接客アルバイト人気(産経新聞)
奥西死刑囚の即時釈放を…支援者ら高検に要請(読売新聞)
容疑者不詳で書類送検=長官銃撃で警視庁(時事通信)

大麻所持容疑 大阪府立高教頭逮捕、学校も捜索 奈良県警(毎日新聞)

 奈良県警組織犯罪対策1課などは30日、大阪市東成区中本3の自宅で大麻を所持していたとして、大阪府立福井高教頭、小島靖司容疑者(49)を大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕した。県警は大阪府茨木市にある福井高を家宅捜索した。今後、入手先や譲渡先、動機などを調べる。

 県警によると、30日午前7時ごろ、小島容疑者の自宅を同法違反容疑で家宅捜索したところ、1階の自室クローゼット内にあったリュックサックから、ビニール袋に入った乾燥大麻と金属製キセルが見つかった。小島容疑者は「大麻は私のもので、自分で吸うために持っていた。3、4年前から吸い始めた」と、容疑を認めているという。

 県警生駒署に情報が寄せられたという。【上野宏人】

【関連ニュース
JAYWALK:中村容疑者起訴 覚せい剤事件で東京地検
覚せい剤:使用容疑で大阪市職員を逮捕
覚せい剤:使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁
中国:覚せい剤密輸容疑で日本人逮捕 1キロ所持
覚せい剤:ボーカリストの中村容疑者追送検 使用の疑いで

小沢氏、共同資産不記載 土地とホテル 公表義務に抵触も(産経新聞)
<福生殺人>25歳容疑者逮捕 路上で男性刺す(毎日新聞)
<育児休暇>新人に「とってみて」…首長で初取得の文京区長(毎日新聞)
与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」(産経新聞)
有識者委員ら文書欠落を批判 日米密約で参考人質疑(産経新聞)

【ゆうゆうLife】病と生きる 金哲彦さん(46)(産経新聞)

 □NPO法人「ニッポンランナーズ」理事長 

 ■走ることは生きること実感 マラソンを通じて社会貢献

 市民ランナーへの指導や、マラソンの解説で知られる金哲彦さんが、大腸がんの告知を受けたのは4年前。幼いころから走ることが好きで、選手、コーチと立場は変わっても当たり前のように走り続けていた金さんにとって、それは思いもよらぬ出来事だった。しかし病を得て、「むしろ走る喜びを実感した」と話す。(文・飯塚友子)

 大腸がんを告知されたときの記憶は今も鮮明です。小布施(長野県)でのハーフマラソンを終え、帰りの新幹線でワイワイお酒を飲んでいる最中、トイレで大量下血したんです。もう真っ青になって、近所の病院に行きました。内視鏡検査で大腸を見せてもらったら、待合室で見た「これが大腸がんです」って書かれたポスターと笑っちゃうくらい同じ画像が見えた。お尻からカメラが入った状態で、「がんですね、間違いないでしょう」って告知されたんです。血の気が引きました。

 それまでフルマラソンも走っていて、自分の健康をみじんも疑っていませんでした。でも振り返るとその2年前、人間ドックで「便潜血、要再検査」って結果が出て、サインはあった。それを「痔(じ)かな」と無視して、がんを進行させてしまったんです。

 《がんは大腸の外に湿潤していた。進行度合いはステージIIIと軽くはなく、S字結腸を取り除く手術が行われた》

                 □ ■ □

 手術から1週間後、転移がないことが分かり、執刀医が「奇跡」という表現をしました。そのとき、「与えられた命」という気持ちがした。それまで早く走ることが喜びでしたが、はう状態から始まって一歩一歩足を踏み出すことに生きる喜びを感じました。

 《周囲に心配をかけたくないこともあり、金さんは闘病を公表せず、手術前と変わらぬ仕事量をこなした》

 術後3カ月くらいして、1キロを8〜9分でゆっくり走れたとき、本当にうれしかった。手術痕の痛みと、転移や再発の恐怖と闘いながら、どう走ろうかを考えました。

 僕にとってフルマラソンを走ることは、存在意義そのもの、病気に打ち勝つ再スタートを意味しました。手術から11カ月後の平成19年7月、オーストラリアで開かれるゴールドコーストマラソンを走りきれるかどうかが復活の証だと思っていました。

 1年ぶりのレースはこれまで何回も走ったコースなのに、すべてが新鮮でした。最後の12キロは歩いて、ゴールにたどり着くまで5時間42分かかったけれど、走ることは人の本能であり、生きることそのものだと実感した。再びフルマラソンを走れた、またここに戻ってきた、という喜びがありました。

 さらに、昨年11月のつくばマラソンでは、サブスリー(フルマラソン3時間未満)を達成、がんが体のどこに残っているか分からないけれども「完全復活できた」と思えたレースでした。

                 □ ■ □

 僕は病気をして、むしろ走る楽しさを実感したんです。心臓がバクバク元気に動くのも、筋肉痛もうれしい。生きている証拠ですから。

 《病を得たことで変化した「走る意味」。それをタイトルにした新書を講談社から出版し、病気を公表した》

 僕はライフワークという言葉が好きなんです。ライフには限りがあり、病気で残り時間も少なくなった。でも死ぬまでに何をするか考えたとき、どんな人も得意なもの、好きなものを掘り下げたら、幸せだと伝えたかったんです。

 僕の場合、それが走ることだった。走ることは心の健康にも直結しています。命小野のランニングです。手術後、希望や喜びを得たのも走ることだったし、自信を取り戻したのもフルマラソンを完走したときでした。今はマラソンを通じた社会貢献や、マラソンで鬱病(うつびょう)の人を救う研究も進めています。すべてが走ることに繋がっているんです。

                   ◇

【プロフィル】金哲彦

 きん・てつひこ 昭和39年2月、福岡県出身。早稲田大学競走部時代、箱根駅伝の山上りの5区で2度の区間賞。リクルート時代は選手、コーチ、監督を歴任。平成13年にNPO法人「ニッポンランナーズ」を設立、市民ランナーの指導や陸上競技の解説で活躍中。今年2月、『走る意味』(講談社)を出版した。

<トキ>産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省(毎日新聞)
首相「勝場君は、私がいなければ罪犯さなかった」(読売新聞)
桜 大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)
普天間 本音見せぬ首相 関係者に広がる疑心暗鬼(産経新聞)
隠したはずが…大阪市、HPで二重の個人情報漏洩(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。